ウーマン

コスト削減ができる消し込み|社内経理の効率化

経理の工数過多を解消

男の人

全社最適化にも寄与する

ビジネスにおける販売と会計の間に存在する作業が工数になっています。販売ののちには請求作業、集金作業、消し込み作業、そして必要に応じて催促作業があります。そして無事入金されることで会計作業が完了します。この一連の作業は経理によって行われることが多くなっています。ビジネスにおける販売は現金を用いて即時決済されるわけではありません。売掛金や買掛金を用いて一時的に債権を有する状態で成立するのです。そのため後日入金を待つことになりますが、無事入金が成されれば、売掛金を入金消し込みすることで完了となります。膨大な数の処理を手作業で行うのにはリスクが伴います。入金指定日にすべての売掛金の入金が成されているかを確認して必要に応じて催促活動を行う必要があるためです。入金額間違いなども見抜く必要があります。そのため全自動のシステム化にすることが難しいのです。入金消し込みの負担を軽減するためにシステム化するのは工数削減だけではなく、ミス防止のリスクも軽減します。金銭のやり取りにおいてミスは企業の信頼などにつながります。そのため、ミスは致命的な要因になってしまうのです。社員のリソースを大事にすること、ミス軽減を両立させるための完全システム化を導入するためには、コストもかかります。しかし販売後から会計処理までの入金消し込みを自動化させることはビジネスの拡大にも適用することができるなどのメリットがあるのです。入金消し込みの自動化は経理の作業を軽減させるだけではなく、会社全体の最適化にも寄与するのです。

Copyright © 2017 コスト削減ができる消し込み|社内経理の効率化 All Rights Reserved.