メンズ

コスト削減ができる消し込み|社内経理の効率化

経理作業の負担軽減

婦人

請求書や会計ソフトと連動

会社で経理を担当するとよく使われるのが「消し込み」という言葉です。経理でなければあまりこの言葉を耳にする機会もありませんが、実はこの作業はとても大変なものなのです。会社が売り上げた勘定は、いったん売掛け金として処理されます。そして実際に入金されるのは後日であり、入金日は取引先の締め・支払日によって異なります。売掛金がきちんと入金されているかどうかを、請求書や通帳と照らし合わせて作業することを消し込みと言います。取引先が多ければ多いほどこの作業は大変で、請求金額から振込手数料がひかれていたり、先方が間違えた金額を振り込んできたり、支払いが遅れていたりと、確認する作業は膨大なものなのです。この作業を効率化することは、経理の事務作業を大幅に減らすことにもつながるのですが、消し込みのシステム化は非常に難しいのが現状なのです。ただし便利なツールも登場しています。請求書管理システムと連動させることで、消し込み作業が大幅に軽減することが可能となっています。例えば、このツールで請求書を発行すると、入力時には決済手段や期限なども一緒に入力が出来ます。請求書を発行することで売掛金に自動的に仕分けが上がるのです。同じツールで銀行の入金データを入力すると、売掛金と入金データの比較が容易にできるようになるのです。またこの消し込み結果を使用している会計ソフトに読み込むことも可能で、一台のパソコンで連動して作業が出来ることは、かなり使い勝手がいいと言えます。中小企業で、いろいろなソフトにコストをかけられない場合は、クラウドタイプのツールを上手く利用することで、作業効率が大幅にアップします。無料デモが使用できるツールもあるので、一度試してみるといいでしょう。

経理の工数過多を解消

経理における販売から会計までの処理の中で発生する請求や集金、入金消し込みなどの作業は工数過多になっているケースが多くなっています。これらを完全自動化することで、工数削減だけでなくミス防止にもつながり、会社全体の効率化につながるのです。

報告時間を短縮

業務報告をビジネスチャットを使って行うことで、報告の時間を短縮することができます。ビジネスチャットを利用することで日報などに記入する必要がなくなるでしょう。仕事の効率化、ペーパーレス化につなげることができます。

社内の意思疎通を活性化

社内SNSは、インターネット上のコミュニケーションツールであるSNSをビジネス利用に特化した製品です。リアルタイムなメッセージのやり取り、スケジュール管理、ファイルの共有機能などを備え、社内における迅速かつ効率的な情報の共有・交換を実現します。

Copyright © 2017 コスト削減ができる消し込み|社内経理の効率化 All Rights Reserved.